男性の更年期障害にプラセンタがおすすめなワケ

男性の更年期障害は本人に自覚がないのが最大の問題

更年期障害というと女性特有のものというイメージがあると思うんですが、おどろくなかれ中高年の男性であれば誰にでも起こりうるものなんだそうです。

女性の場合は、閉経という大きなイベントが40代後半から50代にかけてありますからその前後の10年間は女性ホルモンのバランスが乱れて、その結果、心や体にさまざまな変調が現れます。 女性である以上はこの女性ホルモンの影響から逃げられませんから程度の差はあれ、すべての女性が更年期障害を経験することになります。

一方の男性は、年齢とともに精力が減退するというのは身をもって感じてはいるものの、「理由はないが気持ちが重い」「いつも疲れている気がする」「動悸・息切れがする」といった場合は 仕事のストレスだとか、年のせいにしてしまうのが普通で、更年期障害とは気づかない、もっといえば思いもしないのが現状だと思います。

ただ、そうはいっても体調はすぐれないため滋養強壮のサプリを飲んでみたり、いろいろと病院にいってはみるものの一向に改善されないため、何か不治の病に侵されてしまったのではないか? という恐怖と心配にさいなまれる人も少なくないと思います。

もし、30代後半〜50代の男性の方で原因不明の体の不調・不定愁訴に悩まされていたとしたらそれは男性の更年期障害かもしれません。

女性の更年期障害についてはこちらが参考になります。→更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト

    

男性の更年期障害の主な症状

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンの「テストステロン」が減少することが原因です。このテストステロンは30歳後半から50代にかけて徐々に減少していきますが この間、男性にも女性の更年期障害と同じような症状が現れることが分かっています。

男性の更年期障害の症状があらわれる人の多くは、40代〜50代の働き盛りが中心です。そのため体や心の不調をすべて仕事によるストレスの影響と混同してしまいがちです。

≪主な男性更年期障害の症状≫
@ ほてり・のぼせ・冷え・動悸
A 不眠・頭痛・めまい・耳鳴り・不安
B 肩こり・筋肉痛・関節痛
C 発汗・口内乾燥
D 倦怠感
E 頻尿・残尿感・尿の勢いの低下
F 性欲低下・朝立ちの減少・ED(勃起不全)

以上のような症状に身に覚えがあれば、それは更年期障害の可能性大だということです。どの症状がどの程度でるかは人によって違うわけですが、おおもとの原因は 男性ホルモンの「テストステロン」が減少していることが原因なので、男性ホルモンの分泌を促すような治療をしないかぎりは根本的な治療にはなりません。

病院で薬をもらっても、しっかり寝ても、にんにくや黒酢のサプリを飲んでもダメだということです。

男性の更年期障害にはプラセンタが効く!

ということで、男性の更年期障害におすすめしたいのがプラセンタです。

プラセンタにはホルモンバランスを調整してくれる作用や自律神経を調整する作用があるということもあり、女性の場合、HRTというホルモン補充療法とならんでプラセンタ療法は更年期障害の治療によく用いられています。

このプラセンタの働きはもちろん男性の更年期障害にも有効です。自律神経やホルモンバランスを調整してくれるほかにも

@ 滋養強壮
A 免疫力の強化
B 基礎代謝向上
C 強肝・解毒
D 血行促進

といった効果もあるので、下手な栄養剤を飲むよりよほど体に効きます。

納得いかないのは女性の更年期障害の治療としてプラセンタを利用する場合は保険適用(プラセンタ注射)になるのに、男性の更年期障害の治療では保険が適用されないということです。

男性の更年期障害に効く成分としては他にもマカが有名ですが、マカはプラセンタほどさまざまな薬理作用はありませんし、医療機関で使用されることもないようにプラセンタに比べるとレベルはワンランク下の成分といえるのではないでしょうか?

気になるプラセンタ療法にかかる治療費ですが、プラセンタ注射の場合、週1回〜週2回の頻度で1回の治療につき、1アンプルから10アンプルを投与します。平均的な量としては 2アンプルから5アンプルということで、1回あたり約2,000〜5,000円程度のお金がかかると思っておけばいいかと思います。

(※アンプルというのは注射剤1回分の量のことを指す単位。1A=2mlです。)

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2013 男性の更年期障害にプラセンタがおすすめなワケ. All Rights Reserved.